Members
はじめてのお客様へ Sign Up

View Cart

店主:YOKO
クリスタルガーデン目白お薦めの商品たちをいつでもご覧いただける様に、ネットショップをOPEN致しました♪どうぞ、宜しくお願い致します♪
ネットショップでご紹介している商品は、店頭でも販売しておりますので、 店頭で先に売れてしまう場合もございますので、その場合はご了承ください。 ※クリスタルガーデン目白の公式は、只今、HP用のPCが壊れてしまい更新できない状態です。ご迷惑をお掛けしております。どうぞご了承くださいませ。 http://www.crystal-garden.net/

メールマガジンの登録・解除

満員御礼☆彡10月1日(日) 元北海道大学 言語学教授 堀田真紀子さんが実践のアナスタシアのお話をしてくださいます☆彡

販売価格

1,500円(税込1,620円)

在庫数在庫0個 売切れ中
SOLD OUT
10月1日(日)3時〜6時くらいまで 約3時間 募集9名

堀田様より、メッセージ戴きました♡

こんにちは。堀田真紀子です。
クリスタルガーデン目白でみなさんとお会いして、
アナスタシアについて思いのたけを語ることができるのを、楽しみにしてます。
アナスタシアの1巻目を札幌のとあるカフェの書棚に見つけて読みふけり、そのまま閉店時間。オーナーが貸してくれるというので持ち帰ったのは何年まえだったかな…。邦訳は2巻目までしかありませんでした。でも、どうしても続きが読みたくて、メグレさん推奨の電子ブック版で残りの英訳も次々ダウンロードして、数ヶ月後には、出版されている10巻目アナスタまで読破しました。
その頃は、仕事でアメリカにいることが多かったのですが、それもひと段落ついて、また札幌に腰を落ち着けてからは、地元のアナスタシア好きのお友達を集めて、読書会をはじめました。毎回テーマを決めて、そのテーマについて書かれている部分をまとめながら私がコメントを入れた配布物を用意。みんなでそれを読んで話し合う会です。これまで取り扱ったテーマは、愛のエネルギー、愛の次元、育児・教育、仕事、ヴェディアンのライフスタイルなど。
それとパラレルに、画家をしている私のパートナーが札幌から車で1時間半くらいの田舎に2000坪ほどの土地を購入。1ヘクタールには満たないのですが、森で覆われた山の斜面と地続きで、町のものであるこの斜面の方も、木を切ったりと大きな改変を加えない限り自由に使っていい許可をいただいたので、それも合わせれば1ヘクタール以上になります。木が生えている部分の割合もちょうど3分の1くらい
(エゾマツ、トドマツ、もみの木など)巨大な針葉樹が並んで植わっていて、アナスタシアのいう土地にとても近い状態。 
そこにアトリエとギャラリィと、小さな居住空間からなる家を建て、移り住みました。
現在、札幌の街の家との間を行ったり来たりしながら、少しずつ、生活の拠点をそちらに移しているところです。
最初の頃は、週末だけ過ごしていましたが、だんだん大学の授業がない日はそちらの田舎にこもるようになり、次第に長距離の行き来に疲れて、3年前に、北海道大学の教員の仕事を辞めました。
街の家は、私たちが時々戻れる部屋を1部屋だけ残し、あとはシェアハウスにして知人に使ってもらいながら、田舎で庭仕事と著作にあけくれています。
庭には、ハーブとベリー類が生い茂ってます。
春のいちごから始まって、ラズベリー、ブルーベリー、ハスカップ、今はブラックベリーがたくさん実っています。今年は特にラズベリーが豊作でとても食べ切れず、保存のため、シャーベットやジャムをつくったりと、7月は大忙しでした。
じゃがいも、枝豆用の豆も、毎年撒いていますが、のんびりやっていて、いつも収穫し終わるうちに、雪に覆われてしまいます。
。。。
話がずいぶんそれてしまいましたが、クリスタルガーデン目白でのアナスタシアの会では、
未邦訳本の内容を中心に、7巻目のテーマである生命のエネルギー、思考の力、アナスタシアの歴史観、新しい文明観についてなどお話できればって思ってます。お会いできるのを心待ちにしています。
堀田真紀子

アナスタシアによせて 1: 愛の次元 Kindle版

著者 堀田真紀子 さん


堀田真紀子さん・・・・・・
「草の根文化研究会」主催
元北海道大学 言語学 教授
自己紹介:札幌のはずれの緑の豊かな場所で、川のせせらぎにつつまれた「森のひろば」という自宅兼オルタナティブ・スペースをやっています。
夢はすべてのひとがアーティストになれる場所づくり。スピリチュアルなバックボーンをもったクリエイティビティこそ世界を救うと本気で考えていて、北海道大学で教鞭をとりながら、研究、調査、著述、アートプロジェクトづくりを通して実験中。
「草の根文化研究会」というのを主宰していて、さまざまなイベント、刊行物を出していますが、このブログはそのための苗床。
まだ形にならないさまざまなつぶやきをのせてます。